こんなこともやってます。

打ち叩きの部分はおリンとの擦れでどんどん痛むもので、黒檀などの銘木を使っているのに捨てるに捨てれませんと持ち込まれます。

音の優しいセーム革(鹿革)もいいけれど、現状復帰ということで金襴を巻きました。

まず金襴を剥がしてっと。。。

元の大きさに合わせて金襴を切って接着剤を塗って乾きすぎないうちにリン棒に巻きます。

で、完成!

簡単でしょ。

仏壇の用品もDIYしたら良いと思うけど、まだまだ専門店任せですよね。ご先祖のことだもの、手をつけてバチが当たるわけがないのにね。

清々しくお盆をお迎えいただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です