宗吾殿消える・・・

御徒町に用を足しての帰り道。必ず通る裏道には寺の軒が連なる。そんな風景を見ながらのんびり帰るのがいつものこと。国際通りを越えると都会の真ん中にありながら異風の建物に出くわす。始め見たときには古臭いお堂。よく生きながらえたものと感心したものだが、よく見れば歌舞伎役者たちの堂々たる名前の玉垣に囲まれ、その聖域が歌舞伎役者の庇護にあったことを物語るには十分過ぎる風情を残す。

宗吾殿といえば、千葉県にある宗吾霊堂を思い出されるが、江戸期にこの地にあった堀田家屋敷の跡地であることの縁(よすが)なのだ。

宗吾殿は、江戸時代の義民で知られる下総国佐倉公津村の農民惣五郎(宗吾)を供養する堂です。惣五郎は佐倉の農民(一説に名主)で、重税に苦しむ農民のために直訴を図り処刑されたものの、当時の佐倉藩主であった歴代の堀田家は惣五郎の霊を絶えず弔い、享和五年(1803)に宮川藩堀田家の屋敷地であった当地に建てられた霊堂が現存しているといいます。

昨日もしばらく通らなかったこの道を急ぎながらも風景を期待した。

大通りを渡り一区画目の角に・・・ない。

なにやらマンション建築中の覆いで囲まれていてお堂も庫裏も何もかもなくなっていた。

我が目を疑い、「あれ?道を間違えたかな」そんな思いを持ち周りをキョロキョロと眺めなおすが、どう考えてもここだ。「文化財にしても良いようなものなのになくすわけないよなぁ~」独り言を言いながらしかたなく店に帰った。

調べてみた。

間違いなかった。

けど・・・・

ストリートビューを開けてみると、確かにあった。2017.9。去年の9月には確かにあった。が、今はない。

古い話だが、2011年10月にたまたまここの持ち主にお会いしたことがあった。門も塀も3.11の地震の影響で崩れてしまい、途方にくれていると話してくださった。修理費を捻出するのもたいへんだとつぶやいていた。

これだけのものが個人で管理していたのかと初めて知ったわけで、尚更どうしているかと心にかけることが多くなった。

浅草宗吾殿の在りし日の姿
去年暮れの状況。足場パイプがめぐらされていて、なるほど解体準備だったんだなと今更気づく。

過去をさかのぼってみると、2011年の日記も残していた。

江戸の名残がまたひとつ消えた。

ここも・・・・

師走です。

浅草にはクリスマスがない。
浅草に来たばかりのころは何の不思議さもなく受け入れていたのだけれど、年を重ねるごとにあれ?と思ってみたりもする。

もう正月飾りが仲見世を覆っている。

一日は浅草寺の掃除から始まる。
朝のお経の時間に合わせて堂内に入りお勤めをし、30分ほど夢心地の時間をこなして境内に出て掃き清める。

二尊仏も黄色いシーツを敷いている。

ちばてつやの母子地蔵も掃き清めました。

終われば車座、いやいや座りはしないのだから円陣を組んで、いつも近況報告をしあう。
みんなTONより先輩ばかりだから自分にとっては貴重な時間である。

子供が未就学の頃からお世話になっているのだから、考えればもう30年近くになることに気がついた。子供が着なくなったダブダブのウインドブレーカーを引っ掛けてきたものだから、ふとそんな気になったのだと思う。


こんなときからだったからね・・・

以前のルーチンはこのあとは靖国神社に昇殿参拝に行き、遊就館に遊ぶというのが常道だったのだが、仕事が重なることが多くこの一年抜け出すこともままならなくなってしまっていて、どこか消化不良を起こしている。

今日は今日で御徒町にある法務局に足を伸ばす羽目になった。

転んでもただでは起きないTONである。
大通りは走らず脇道脇道でくねくね走っているとご褒美が頂けることが多い。

で、今日のご褒美は、こちらに出会えたこと。


東京は特に台東区は町人の街でもあるけれど江戸時代の武家屋敷が多く、ということはお国の神様仏様を勧請して屋敷内に祀っていたわけで、明治以降武家屋敷は消滅しても、名残を残していった。
それがこうした神社仏閣に縁を持てるわけである。

して、これにもありつけた・・・

明日は四万六千日

今日浅草はほおずき市です。

朝早くから浅草寺境内ではほおずきの搬入で忙しそうでした。

でも、ほおずき市の方が有名になってしまいましたが、あくまでも大切なのは、明日10日の観音様とのご縁日。四万六千日のほうです。

一日のお参りで4万6千日お参りしたのと同じ功徳があるというのですから。
46000日分お参りしたことと同じって、いったい何年分って計算すると・・・

126年分余り少々。

って一生分ってこと!・・・なんて打算しないでね。

私の分だけではないのですから。

回向っていいますよね。
ご先祖に回向させていただく。

なぜなら自分の存在は先祖なしにはありえないのですから。
いったいどれくらいのご先祖の影響権にあると思いますか。
ちょっと計算してみましょうか。

私の親は2人います。
そのまた親(祖父母)は母方に2人、父方に2人=4人
そのまた親(曾祖父母)は、2×2×2=8人
そのまた親は、2×2×2×2=16人
そのまた親は、2の5乗=32人
そのまた親は、2の6乗=64人

・・・・・・・
10代遡れば2の10乗=1024人

まぁ戦国時代前くらいまで責任もつとしたら2の20乗くらいで600年くらいかな。
2097150人となるわけで・・・ひとりあたり0.02日分。

ありゃ。僕一人じゃとても無理。

だからこそ少しでもってね。気持ちの問題です。

しかし・・・観音様も太っ腹だ~。

馬頭観音

震災有り、空襲あり、帝都東京はとにかく歴史的建造物がことごとく灰塵に帰した町だ。

それだけに町中を歩いていてふと出会う過去の記憶の断片には感慨のものがある。

小島町に用事で出かけ、帰る足がふと止まった。
お堂の形を持つちょっとした祈りの場が、地価の高いこの地にどんと構えている。

しかも車一台止められるであろうスペースを割いて。

古老と話すと高度経済成長期以前ですら街の様相は現在と随分違うように聞いている。浅草寺裏にはまだ田園が広がっていたとも聞く。

まだ、農耕が牛馬の力を借りて行っていた頃の時代、このあたりはどうであったのだろうか。
なんだか楽しくなってくる。

それほど古いものではないように推察するが、馬頭観音を主にいくつもの石像(花崗岩を荒彫り)が群れている。

浅草裏道点描

TONの生まれた街にもよく似た景色があった。

そこで育ったせいか、戦後のドヤ街を思わせるゴミゴミさがどこか居心地が良かった。

世紀をまたぐ付近から街は急速に近代化していってしまった。

どこかよそよそしさが漂う均質な風景に衣替えしていってしまった。

浅草にはまだその縁(よすが)が残像のように残る。

都市計画や防災計画上は耐えられないことは十二分理解している。

けど・・・

そこに惹きつけられるのは、人の曖昧さ、矛盾性が形を顕しているからなのか・・・

一株から天を覆う藤棚となる。

もうこんな風景も見えなくなるのだろうか。

春の芽

春に何を感じるか。

ぼくはこのイメージ。

だから新緑の中を歩くのが好き。

早起きは・・・・

毎月一日は浅草寺境内を清掃する。

朝の勤行に参加して後おもむろに参加者各々の判断で境内に散る。

三十年近く前は、1周りすると結構チリトリがいっぱいになるほど多かったゴミも、本日の収穫は何かの商品に付いていたタグの紙切れが一片のみ。

お巡りさんや消防士さんと同じ理屈で、働きがいがない方が平和なのだと理解する。

ま、誰も汚さないから綺麗なのだと理解したいが、僕らが掃除にかかる前にお寺の清掃担当のおじさんたちが、夜も明けぬ前からせっせせっせと頑張っておられる縁の下の働きがあるというのが答えなのだが・・・

人間は、あればあったで文句が出るし、なければなくて、肩透かしを食ったようで力が出ないと文句を言いそうになるもののようだ。

終わるとちょっと喫茶店に寄って世間話をして帰る。
ひと回りも、ふたまわりもの先輩たちと気軽に話す機会はなかなかないので楽しい。

最年長者の一人のS氏の横に陣取った。
昔話が楽しい。
「情けは人のためならず」とひょいと出た。

氏が四十年以上も前に湯島にある焼き鳥屋に友人たちと通っていた話し。

焼き鳥をついばみながら、旨い酒を飲みながらひょいと横を見ると、貧乏学生だろう数人のグループが二本の焼き鳥を、大切そうに串から抜いて皿にとっているのが見えた。

氏は不審に思い、声をかけた。

「お兄ちゃんたち何してるの?」

「はい。金がないから、みんなで分けているんです」

義侠心篤き氏は、大皿いっぱいの焼き鳥と焼酎を注文し、彼らに振舞った。

「浅草のSさん、店に来ているか?」
誰かが店に何度も足を運び斥候に行く。

彼ら貧乏学生どうしの合言葉と行動になっていった。

「りっぱになれよ」
振舞うたびごとの氏の口癖だった。

時は流れ一昨年、突風に吹き飛ばされた末に頭を打ち脳挫傷で氏は緊急入院した。

意識を取り戻したS氏に彼は「私を覚えていますか?」

の質問に答えかねた。

「昔お世話になりましたKです」

搬送先の病院で氏を迎えてくれたのは、かの貧乏学生の一人K氏だった。
しかも外科部長の要職についていた。

・・・・・・・

小説より奇なり。。。
「こんなことがあるんだよ」

めぐりめぐることを涙目で話してくれた。

大晦日

浅草寺境内は年の瀬にかかわらず人でごった返しています。

20年前は、静かになったものですが・・・

関係なくはないのだ。
さ、お店に帰って正月の支度をしなくちゃ・・・・

久しぶりにちょっとそこまで

ずいぶん久しぶりになる。

以前は月に二回は細々した販売用の小物を買いに来ていた浅草橋。

最近はドーンと構えて出かけることはない。
ネットでなんとかなることもあるが、出不精になったといえばそのとおりかも知れない。

御徒町にも足を伸ばさなくなったし・・・

行くと余計なものを買っちゃうという悪い癖が出てしまうこともあるかな。

しかし行かないと空気が見えない。そう今の空気というのは五感で感じるものなので、パソコン画面からはどんなに工夫してもガラス板一枚分空気を感じることはできない。

正月も近いことから・・・ん?クリスマスがあるだろうって?

残念でした。

浅草にはクリスマスはありません。

で、20年選手の自転車を駆ってスイーっと出かけた。

しかし、今はクリスマス用品まっ盛り。

正月用品はほとんど肩身の狭い姿でしか見ることはできなかった。

肩透かしをくって帰る途中、厩橋(ウマヤバシ)脇にて、懐かしい可愛らしい声が団体さんで響いていた。

チュンチュンチュンチュン・・・・

よほど見かけなくなった雀の大合唱。

お!ここか・・・

どこかって?

ここですよ。

え!まだわからない?

ね。

他にもどこか生垣に隠れてチュンチュンチュンチュンチュンチュンチュン・・・・

どんどん変化する・・・

花川戸に住んでいた時にはあまり感じなかった。
いやがおうにも弁天山の鐘の音は間近に響くし、浅草寺の境内を通って行くのが一番安全であり、便利なこともあって、繁華街というより寺町のど真ん中にいる気がしていた。

雷門に引っ越してからは、昔からの大店(おおだな)のあった土地柄か雰囲気はまるで違う。

たった、500m圏内の話なのに町の空気は異なっている。

引っ越したばかりの頃は、花川戸の空気を吸いに馴染みの店に、てくてく歩いて行ったものだが、慣れてきてくると少々足が遠のく。

だから無理してでも言い訳を絞り出して、寺を歩くことにしている。
(まぁ早朝は毎朝隅田川沿いを走ってはいるのだが・・・)

そんなわけで、足繁く通っていた頃と違い、ちょっと見ないうちに通りの様子や店の入れ替えが恐ろしく変化していることに気づかされるというわけである。


浅草寺境内は半分以上が外国人。

浅草寺裏のイチョウの木は元気良かった。

ずっと以前、お預かりしていた古仏壇をこの場所で「仏壇供養」させてもらった。
30台の仏壇をお焚き上げしたのだが、思いのほか火力が強く、このイチョウが本堂を守ってくれて火の盾になった。もうできないだろうな・・・


あれ?こんなところに親父さん。