緑檀日蓮宗仮すげ3点

日蓮宗3点です。

日蓮宗緑檀尺二寸に琥珀親、つゆ。四天アメジスト
日蓮宗緑檀尺二寸に琥珀親、つゆ。四天アメジスト
日蓮宗緑檀尺二チェリー琥珀親、つゆ。四天アメジスト
日蓮宗緑檀尺二チェリー琥珀親、つゆ。四天アメジスト親玉も紫に見えますが琥珀です。
日蓮宗緑檀尺二茶水晶親、つゆ。四天ガーネット
日蓮宗緑檀尺二茶水晶親、つゆ。四天ガーネット

象牙天台宗

象牙の天台宗9寸

久しぶりに象牙の材料で天台宗の念珠を創らせていただいた。象牙はないないと風評があるが、そうでもない。ただ、特殊な形状の玉を製作となると困ってしまう程度。使い込んでいくたびに変化していくアイボリー色は何とも言えず良いものなのだが・・・

大平玉ももちろん製作可能。

象牙の天台宗9寸の接写

本緑檀の平玉

 

本緑檀
本緑檀の素挽です。
本緑檀の平ブレス念珠
接近して見ると表情があって面白い木です。

あえて素挽きにすることで存在感を増すのは、こうした香木だろうと思う。だって、白檀に表面処理はしないよね。沈香にニスを塗る人はいないでしょう。ならば緑檀だって同じこと。おかげで緑檀独特の香りがプンプンと香りだちする。

他の香木とは同じ場所に収納できないのがちょっとした悩み。

真珠ネックレス

真珠のネックレス
真珠のネックレスをお預かりしました。お母様の形見とか。
真珠の穴は小さいです。
やはり穴はネックレス用の穴ですね。
真珠の糸よりは太い糸が通せました。
なんとか中細の糸を通しました。
真珠ネックレスからのお直し
最終的に編み込んで房をつけて終了。

頂いたはいいけれどそのままになっていらっしゃる方は多いのだろうなと思います。

呼びかけに応じてくださる方が多くなったのかなぁ、それで、仕立て替えが最近多くなってきたのかも知れません・・・

トラ琥珀の片手への改装

お直しと言うか、改装になります。

腕輪のトラ琥珀を利用して片手を三連。

正絹紐が通るかどうかが問題でしたが、難なく制作できました。

最近はスムーズに進めるのは珍しい。本当に珍しい。本当に。

トラ琥珀

天竺菩提樹の腕輪二種

本翡翠仕立てのほうが尺三玉でもう一方が尺二玉。

以前は当たり前のように入荷できていたのに、玉の形まで選別していくとちょっと今は難しくなってしまいました。

でもこの翡翠、照りも、深度も深くてとても綺麗です。

勾玉二種

最近は、外人さんのお土産に創る機会が増えました。

その場で紐の色を選んでもらって、その場で編み込んで創るところがミソなのか。。。

いっぺんに複数個創るなんてのは茶飯事になってきました。

慌てるところだけど、慌てる心が滲みちゃいけないので、平常心平常心。

四国番外札所はいろいろ出しますね~


四国番外二十箇所の片手念珠は定期的に仕事を頂くが胸飾はいつごろからだったか・・・

それほど難しくない作業なので、ご自分で制作されても良いと思うのだが、今度は腕輪もリリースされたようだ。こちらは目が疲れる。

何度も作らせてもらっているので慣れたものですが。


完成。

天竺菩提樹の腕輪

お客様から問い合わせがあったので、天竺菩提樹の腕輪になりそうな大玉を探してみた。

もともと大きなみかん玉に近い形状のものなのだが、それをあえて成形して丸玉に仕立てる(ということは小さくなる)わけで、みかん玉の方が巷には多く流通している。

最近は虫の発生しない種子のない玉もあって、管理するには楽だがべらぼうに高くなる。
何故なら、種子がないということは、種子を避けて皮の部分だけの肉厚のところで丸玉を作るからだ。表皮部分から10mm玉を取ろうとすれば最低でも全体が25~30mm以上の実でないと取れないということだろうから、しかもしっかり乾燥させてよく締まった硬い実にしないと。ということは手間も時間もかかってしまう。ということ。高くなるには高くなる理由があるということです。

以前は玉の形状もオーダーを聞いてくれたのだけど、最近は難しい。

俵のようなアールの緩やかな玉と、エッジの効いた少し尖った玉。いろんなところで自由が効かなくなってきたなぁと、ちょっと寂しくもある。