作り替え三点

ネパールものかと思うけど、臨済宗の形に仕立て直し。

素朴でいいのだけれど、穴ぐりも素朴である意味大変。

完成。

木玉もとても素朴。

完成。水晶仕立てと瑪瑙仕立てにしました。

やはり水晶はおもしろい。

この世界に惹かれて何が面白かったかといえば水晶に惹かれた。もちろん他の石例えばジェードを原石から玉に挽いていく過程の面白さや、珊瑚の魅力、マラカイトの不思議、瑪瑙の七変化さ、数え上げたらきりがないけれど、めぐり巡ればやはり水晶に還る。

無色透明な水晶に最大の魅力を感じてやまない。

下の玉はもちろんおんなじ白水晶だが、演出効果を狙って糸の色合いで七変化させている。写真だとうまく表現できないのが残念だけど、何色にでも染まる白水晶は、作り手の意匠が気持ちいいくらいに出る。

中間色を多用しているのが、強い色を入れれば、水晶が発色する色となっていろんな表情を醸し出す。

偶然の産物が生まれる。そこが楽しみだ。

久々に作りました。

勾玉もうちでは売れっ子のひとつだが、ちょっと工夫して上げるとお客様は喜んでくださる。さほど時間も手間もかからない事ゆえついのめり込んじゃうので、ほどほどにさせて頂く。

勾玉は研究すればするほど謎めいた装飾品だ。もともと呪術に用いられていたのだから、取り扱いには気をつけるにこしたことない。

とはいえ、さ、こんな組み合わせで久々の作り方にしてみたよ。

はい。出来上がり。

腕輪念珠です。

蝦蛄貝とブラックトルマリンでの制作。

黒と白でとのご指定で、ピンとくるものはこれしかなかった。

今回はそこにさらに勾玉をプラスした。

勾玉の留めはストラップで経験済み故に難しい仕事ではない。

さ、喜んでいただけるかな。

久しぶりに作ったよ

久しぶりにワイヤーを使った。

以前は頻繁にワイヤーものを作らせてもらっていて、おかげで念珠屋なのか、アクセサリーショップなのかわからないほどだった。ワイヤーも0.28mmから0.6mmまで数種類、間玉やフック、ダルマ、つぶし玉、材料屋さんとの間を行ったり来たりしていた。

でも近頃とんと大人しくなっちゃった。

本来の職人仕事ができるのでありがたいといえばありがたいのだが、ちょっと気分転換に作りたいなと思う寂しさもなくはない。

で、こんないたずらもしたりしているわけで・・・

守護仏ネックレスの特注

通常のMサイズは6mm玉を使用しているが、さらに小さいサイズの玉は?とのご質問から5mm玉で仮通し。

でも弾が小さくなるということは、ネックレスと銘打ってはいても念珠としてのベースがあるので、あくまで108玉を基調にしている以上、念珠の内周は小さくなる。

やはり頭をすり抜けられない。それじゃあどうしよう。。。

念珠としてのお約束事を逸脱することなくなんとかしようと思えば、四天玉で調節しようと思い立つ。

で、考えた結果がこうなった。

これで内周605mm。

子供時代から大人用しか合う帽子のなかったTONの頭は、入らないが、普通の方ならまずスルーするだろう。

あとは弥勒菩薩の彫りがうまくいくことを祈るのみだ。

ムーンストーンに置き換えて。

以前のペリルをピーチムーンストーンに置き換えました。

ペリルだとおとなしいピンクですが、ムーンストーンだとやはり違いがよくわかります。

水晶切子のネックレス。どこでも見る一般的なものです。女性の好みのわからないTONでありますゆえ、首周りの装飾として付ける人も少なくなっているのかな。真珠のネックレスと同様で、タンスの肥やしになることが多くなってしまったということも否めませんね。

で、お客様の持ち込みのご依頼としては、念珠に衣替えしたほうが良いのではということでありました。

ネックレスにする玉と念珠の玉の根本的に違うところは玉穴の大きさ。片や( ̄▽ ̄)イコールおっとっと、こっちです ≒ 1mm

かたや≒1.8mmです。この0.8mmの違いが大きいの。

そして穴周りの面取りです。そっと首にかけている装飾品と違って念珠は法具ですからね、じっとしてはいないわけで、動的なシーンが多いわけです。太い糸をなるべく通して持ちが良いようにしたいというのが正直なところです。

でも小さい穴ながら懸命に通しましたよ。茶水晶の道具と合わせて出来上がりです。

真骨頂

念珠を初めて持たれる方が何がおすすめですか?と聞いてこられることはしょっちゅうだが、決まって「水晶」と答える。

もちろんケースバイケースで、珊瑚のときも、翡翠の時も、白檀、etc…とお話することもあるのだが、お客様が求められる意味を伺ってそれに即した玉材料をお応えする。

魔除けだ、厄除けだと言われれば問答無用で水晶と口をついて出る。

今は水晶というとずいぶん一般的になってしまったけど、僕が念珠に興味を出し始めた頃は、国内での玉磨きも盛んなころで、磨きの等級もしっかり生きていたころだ。

水晶玉を御神体にする甲府の金桜神社にお参りし、御神体の由来を知りますます水晶が好きになった。

水晶玉は光を集める。暗い堂宇にあっても水晶だとその存在を主張してくれる。

修行で暗い堂に篭るときは水晶を四天に配置した念珠でないと見えなくて困ると修行僧からも聞いた。そんなことがいちいち水晶好きの心に刻まれた。

新入荷どうしてかな、琥珀ばかり。

どれも単発だけど、集めようとしても案外集まらないもので、そんな琥珀の玉を利用してのものです。