糸魚川翡翠の腕輪

翡翠好きのTONとしてはそばに置いておきたい翡翠のひとつ。全面的な採掘が禁止されているので流通するにしても細々ということになるから、いいなと思ったらその時に入荷しないともうあとがないとなってしまう。

だから売れる売れないは別なのだ。でもねうちの財務相はなかなか認めてくれないから細々とならざるを得ないのだ。

でも、糸魚川らしい糸魚川翡翠だよね。

土埋木屋久杉の腕輪

黒い土埋木ではないが、芳香は生半可ではない。屋久杉の芳醇な清々しい甘さが何とも言えない。土埋木の良さだろう。油がしっかり乗っかっている。

試作なのだ

親玉、二天は本翡翠

主玉にインカローズ、赤メノウ、上紅水晶 水晶切子

以上の組み合わせは、女性には持っていただきたい素材で作りました。

トラ琥珀大玉腕輪

久しぶりに虎琥珀の大玉が手に入ったので腕輪に仕立て。

主玉が16mmだから大きいよね。

天台型の薄い玉のものもあるにはあるのですが、汗の影響を考えると使われる方のメンテナンス次第で割れや欠けが生じるのではと出しそびれてしまった過去がありますため、こういう丸玉はそういう心配がなくて、ちょっと安心。

でも使い終わったら乾拭きは必修ですけどね。

アマゾナイト

最近は新しい種類の玉が巷にあふれる。

パワーストーン関連の店が飽和状態になるほど雨後の筍のごとくであるし、いや、ピークは過ぎたかな。それぞれが凌ぎを削って新たな原石を見つけては、流行らせ消えていく。石の寿命は永遠なのに、人の色香に惑わされて流行病のように打ち上げられては消えていく石たちがかわいそうでならない。

おっと、、、そんなことを書こうと思っていたのではなかったのだ。

久しぶりにきれいだなと思える石が手に入ったので、速攻仕立ててみた。

アマゾナイト。希望の石の名にふさわしい冴えて発色の良い空色。昔は天然トルコでも手に入ったけれど、とてもとても今は・・・はい。無理です。

天然ものと養殖もの。沈香というけれど・・・

知り合いから沈香をいただいた。

といっても養殖?・・・栽培もの。もらって半年間机の上にほっぽらかしている。

昨日久しぶりに手に取ってみた。

濃厚な香りではないながらもしっかり実用に耐えられる香りを芳香する。焚くとさらにいい。

この沈香が通常のものと違うのは、栽培して作られた沈香であるということだ。

香り成分のある部位の厚みが表皮あたりだけなのだろう。

まだこの薄さだ。

残念ながら玉にはできない。

10mm厚みの沈香が部材として可能になれば、市場に出るようになるだろう。

でも、でも、旧沈香はさらに高くなるかもね。天然物とか言って。

刺高(いらたか)念珠の修理

残念ながら修験道は若い時にやりたいと思いつつついにその縁をもてなかったTONです。が、他のことと同じで(巡礼に行きたくても見送りばかり、坊さんのお誘いを受けながら真言宗も曹洞宗も、天台宗も行けずじまい・・・)どういうわけか直前にダメになっちゃう。

おまえはシャバで修行を積んで来いということなのだろうと現在に至るTON。

おかげで、念珠のお直しなら負けないよ(あ!そこがいけないのか・・・ナ)回峰行者用の大平も随分作らせていただいたけど、山に入って切れたらどうするのかなと思いながら、絶対切れないお念珠を頭に描きながら、他業界を探し回って切れない中糸を見つけたこともあった。職人泣かせの糸だけど、ちょっとやそっとじゃ切れないの。

修験の刺高念珠だけど、この部分はさすがに手直しせざるを得ません。

一時間もあれば御の字で、今日の行に必要と思ってすぐに直させてもらった。

下がり紐は色を変えました。
完成。