苦節三十年・・・ボーっと生きてんじゃね~よ♪

登場人物 小僧君(またの名をナカトモ君)30数年間念珠堂のア イドルとして君臨

     巡君 巡礼が生きがいの新参者。

小僧&巡君:待ちに待った三社祭りだ~ぃ!

わくわくわくわく・・・・

遠くからカキーンカキーンカキーン・・・(音木の音)

小僧:わ~い。お神輿だ~~~い。

巡君:えへへ。ここは特等席だからね。

小僧:苦節十年だからね。

巡君:雨の日も雪の日もいつも立ちん坊だったからね。

小僧:巡君は雨が降ればお店の中に入れてもらっていたじゃん。僕は笠をかぶらされていつも表でびっしょりだったよ。

巡君:だから、神様仏様は僕たちに特等席をくれたんだよ。

小僧:!!!!そうだそうだ!!!!

<神輿が近付くと一緒にギャラリーがあふれるように・・・・>

おーーーい(泣)なんも見えない~~~ん。。。。

巡君:僕は見えるけどね(^0_0^)

なかともくんが母になった?

誰が置いたか知らないけれど・・・

誰もがみんな知っている。

頭のつるつるぴかりんは、正義の味方だ良い小僧♪

はやてのように現れて、はやてのようにさっていく

ぴかりん小僧はだれでしょう、ピカリン小僧はだれでしょう♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

お正月恒例

店前でなにやら、古株の小僧くんと新人の巡くんの声が聞こえていますよ。

小僧くん:またこんなになちゃった・・・

巡くん:ピッカピカじゃないの!

小:みんな頭撫で撫でしてくれるからね。

巡:可愛がってもらってるんだね。

小:そう・・・・なん・・・・・だ・・・・ケド・・・・

巡:声が小さいね

小:ソウナンダケド・・・・・

巡:な~に?

小:お店と一緒にがんばってきんだから、ぼく30歳なんだけどなぁ。
  いい大人になったのに可愛いかわいいぃいってさ。。。
  おまけにつるっぱげだしさ。。。

巡:・・・・・・・
  

スキンヘッドは今時は流行ってるって教えてあげないといけないようです。

ん?

小僧さんの浄財箱には頭を撫でて下さりながらポトンと入れてくださる篤志の方が大勢いらっしゃる。

価値の上においていかれる時もあるから気をつけてはいるんですが・・・

2000円札・・・?

ちょっと小さくない?

ということでした。

最近外国の方の浄財も多いんですよね。

でも・・・・・

何かな・・・・・?

朝、気づいたら何やら得体の知れないものがおいてました。

TONは、また、ゴミをおいて行ったのかなって、不審に思って開けてみたんだよ。

するとね。

あれ?いっぱい。

何がいっぱいかって・・・

5円玉と1円玉がいっぱい。

91円も入ってました。こういうことって心に響くよね。

祈り続けて30年

「ナカトモ君」愛称をいただいている小僧くん。

もう30年店頭に立って来る人、行く人を見つめ続け、祈り続けている。

おかげで頭はツルンツルンだし・・・

亜華も、お目目も、足も、手も、腰も・・・

「責任感じちゃうなぁ・・・」と本人の弁でした。

どこに・・・・

お店のあちこちに僕らのかくれんぼの場所があるんだよ・・・

ボクたちはここに隠れているよ。。。

何処にいるでしょう。


おいらはさらしものかニャ・・・・

よく見る光景なんだけど・・・

いつものことだよ。

ぼくの頭を撫でて、お手々を合わせて、募金して、お写真をパチリ。

でもね、最近ね、違うんだよ。

何がって?

ん~~~とね。

聞いてもわからない言葉で話しかけてくれるんだ。

おねえちゃんもニンハオって言ってたよ。

巡礼着

「う~~~~~~

巡礼に行けない行けない。。。」

ってTON店長がうなってばかりいるから・・・

「僕が代わりに行ってあげるよ」

って言ったら店長が着せてくれたんだ。

巡礼に行くときに着るんだって。

そ。巡礼用の白衣なんだよ。

でもね何やらかんやら模様が入ってるよって言ったら

「絵心経」って言うんだって。

江戸時代に文字の読めない人のために作られて流行ったんだって。

ぼくは読めるのにね。

ね!いいでしょ。

でもぼく・・・台にくっついてるから歩けないんだよね。

これで冬は暖かだなぁ~~~