むくろじ

この季節になると時々作らせていただく。

素材は、その木のありかさえ知ればいくらでも手に入る。

ただ、念珠の珠として使えるようにするまでがえらい苦労させられるのだ。珠についている白い綿帽子のような保護膜がなかなか剥きとりづらいのだ。気の短い人なら、そこですでに投げやっちゃう。これから穴を開けて玉の粒度調整をして職人の手で仕立てるという所に至る。 念珠とはよく言ったものだ。これこそ念珠の名前にふさわしい。

僕はバケツいっぱいに取れるのをあえて取りに行かない理由だ。

経典にも出ている有難い念珠材料であることには間違いないんだけど。。。。

浅草のそら 昨日は20kmウォーキング

昨日は、商店会の企画で、自由が丘から浅草までの20㎞ウォーキングでTONも主催者側として参加してきました。

雨予報が消えない中なのに40名近く足自慢の参加者が集まってくれました。

自由が丘駅前で出発前の注意

ただ歩くのでは力が出ないので、前日に江戸時代の切絵図にコースを落とし、時々それを見比べながら百数十年前とトランスしながら歩き通しました。今の東京だけを見ていると単なる喧騒に満ちた大都会でしかないんだけど、間違いなく連綿と続いてきた人の呼吸がこの街のここかしこに存在しているのを改めて感じさせられたのは、一日中降り続いていた雨に感傷的にさせられていたからではないでしょう。

ちょうど高輪大木戸が写っている。
目黒近辺にはいい公園が多いなぁと思いながら切り絵図と見比べる。

江戸への防備をになった高輪大木戸跡。山手線新駅になる高輪ゲート駅の駅名の根拠です。恥ずかしながら石積みまで残っていようとは知らなかった。。。
ひたすら東海道を上る。今はビルが立ち並ぶ第一京浜国道沿いだが、海側は文字通り海。薩摩藩の蔵屋敷もこのあたり。左側は江戸藩邸が立ち並んでいたその敷地があって広大な建物が建てられたわけだ。。
雷門を見るとホッとするのは浅草っ子なんだなぁ。。。
脱落者なく全員浅草到着です!

棟方志功の観音像。。。本当?

念珠堂のある町会には観音様の示現されたことに由来するお堂(駒形堂)があり、雨であろうが、日照りであろうが、雪であろうが必ず毎月19日の馬頭観音さまのご縁日には掃除、法要の準備を続けている。

今日もその日。準備が終わってホッとしていると、こんなものがお堂に置かれていたんですよと紙袋を渡された。お酒やお菓子のお供物が堂の前に置かれることはよくあることでどこかの篤信あるかたの志と思われ、この袋もそういう物の一つかと思って開けてみると・・・・なんと。

棟方志功の長彫り込まれた観音像と金剛力士像いずれも時代物。

棟方の彫り上げた仏像って見たことも聞いたこともなかったので調べてみたが、見当つかなかった。棟方の腕と信仰心ならばそれもありなんだと思うのだが、なにせそういう知識に欠如していて理解不能。でも気持ちのいいお顔であることはそのとおり。

いいお顔を拝ませていただいたことが、今日の役得としよう。。。