職業病

お客様のご要望で、琥珀切子を親玉に入れて、ということで、切子の入った製品をバラして親たまを流用することにした。

親があれば、子が必要。写真のように配置してお客様に確かめた。

困った顔をされて・・・そうではなくて並べて欲しい・・・とのご意向。

あ!そうだった。確かのそう作る前に言われた気がする。

で、並べ変えました。

耳ではちゃんと聞いているんですよ。でも長い習慣とは恐ろしいもので、親玉があれば、二天を無意識のうちに定位置におこうとしてしまうの。

職業病・・・職業脳とでも言うのかな。。。

そして、完成です。

久しぶりに創った。。。

以前は桜やもみじもあったのだけれど、全て廃盤のため新たに好きな桔梗の花を平面に落としてみた。レザーの線彫りではないため、ちょっと時間がかかってしまったけどまぁまぁかな。

中糸には水晶が色を吸ってくれるように藤色を通してみた。思った効果は出たようだ。