白檀香合

あるところにはある。ということ。

老山白檀の香合です。

白檀の塊が入荷(輸入)できない昨今、白檀といえばインドマイソール産の白檀つまり老山白檀が当たり前だったこの業界に、インドネシア産、アフリカ産、オーストラリア産、なんていう産地が耳に慣れてくるようになった。

その老山白檀のしかも香合。

あるところにはあるもんだ。。。

こんなに違う・・・

時々注文を頂くのだが、大般若経600巻。転読と言ってお経を大行にザーーと流すように広げる所作があるが経典は痛む。すこぶる痛む。

それゆえ経典と同じ厚めの和紙を裏打ちして厚くして損傷に耐えられるようにする。
それが2枚、3枚と増やすのだが、その比較写真。

これでも3枚合わせなのだが、一番厚くなると6枚合わせまである。
普通に置いてよほど上手く作っていないとひっくり返るんじゃないかと余計な心配をする。

残念ながらまだ作った事はない。

だれか作らせてもらえないかなぁ・・・

月うさぎ

本日は名前から想像できるようなお香の話ではありません。

厨子型仏壇の話です。
ため塗りの厨子の内側に須弥壇と蒔絵を施しました。

うさぎはどこに・・・・????
と、思われる方は近くに寄っていただきましょう。。。

はい。こうなります。

かわいいでしょ。
これからの季節・・・というのではなくて神様のお使いとでも思って頂ければよろしいのでは。。。

扉の方にもこうなっています。

扉を閉めるとこんなかんじです。

お位牌の修復

お位牌の直しを久しぶりにさせていただきました。

お預かりしたときはこんな状態でした。

長い年月(100年以上)の間には、乾拭きしていて金箔は剥げるし、わずかでも塗面に傷が入ればそこから湿気が木地を侵していくので反りや歪みが生じます。

職人は、また今までと同じ時間さらに経過しても大丈夫なように、こつこつ傷を埋めて塗り直し、箔押しして元の姿に戻します。

扉の中も下地をやり直して金箔を押し直せば、下のような輝きに戻ります。

最後の一個

まあ・・・

全くの最後というのではないのですが・・・

老山白檀の塊があれば作れるのですから・・・

しばらく手に入らないというのが正しい表現でしょうか。

白檀は白檀でも他の白檀が主流になりつつあるこのごろです。

この季節になると

とくに浄土真宗の家ではキンキラリンの仏具が多いので、子供時代の年越しの思い出には仏具磨きが、しっかり記憶されているのではないでしょうか・・・

年末が近づくとやらされましたよね。

ピカールとかいろいろな研磨剤で磨くのはいい思い出だけど。
ゲルが残ってしまうもの。

今は溶液につけるだけでピッカピカなのです。

108つの煩悩もこうやって簡単に消えるといいけど・・・ね。


こういうツルンとした仏具は簡単ですが・・・
浄土真宗のはこんなに彫りが混み入っているのです。
この隙間にカスが残ってしまったのです。

が・・・・

楽になりました。

法華経8巻

小さいことはいいことだ♫

なんては言いませんが・・・

小さくてもきちんとした法華経八巻なのです。

ミニ経典は数々あれど・・・最強のミニ経典でしょう。自負。

こうした膣(外ケース)にはいっています。なかなかでしょ。