風情

連休に入ってからというもの
とにかく快晴がつづく。
台風一過といってもおかしくない。

少し汗ばむくらいではあっても
そこは、10月の風。
ここちよい。

20年以上お付き合いしてくださっている、
月島のS様にお線香をお届けに車を飛ばす。

今日は、
車検のため代車で借りてるミニカーだ。

小回りがきいていいけれど、
中年オヤジが運転するにはいささか可愛すぎ。

どうみても、「か弱い女の子が運転しているのだろう」くらいに思うのだろう。
案の定さかんに、他車からあおられる。

急な割り込みも飽きるほどやられた。
(女性はみんなこんないじめされてるの?)

割り込みながら、こちらの運転席を覗き込んでいく。
「ふとどきものめ」睨み返す。
ぎょっ!として慌ててる。

見たか!
だてに年取っちゃいないわい。

何だかんだありながらも
勝鬨橋際の都営住宅に到着。

老夫婦お二人で住むこの長屋も
今年いっぱいで取り壊されるのだそうだ。
ご主人が、複雑な面持ちでお話くださった。

「3年もすれば何十階建てのマンションに生れ変わるから
また帰ってくるよ」

でもね、壁一枚のお隣さんも
路地の陽だまりも、あくびをする猫たちも
どこかに行っちゃうんだよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です