浅草神社をぶらり

神社をぶらぶら
昼食の時間を利用して、浅草神社を改めて散策してみた。

浅草寺境内は
ちょうど菊花展の真っ最中で、ちょい混み状態だった。
ウィークデーでもあったので、
どちらかというと、人生の先輩方が多く目についた。

神社は、元は浅草権現と呼ばれていた。
浅草の観音様を大川(隅田川)から、網にかけて引き揚げた漁師の兄弟と、
引き揚げた観音様を自宅に安置した時の地頭の三名を祭った。

だから、浅草寺と神社は、一体のものなのだ。
本来なら別けるのがおかしいのだ。
事実、江戸時代までは、浅草寺管主が権現様も管理していた。
明治の廃仏毀釈の嵐の中、無理やり分離されて今に至る。

鳥居から中に入ると、「見てやろう」という意欲で見るせいか
今まで「なんで気付かなかった」かなと思うほど
碑が多いことに気付いた。これには驚いた。

歌舞伎役者達の句碑、扇供養碑、木阿弥の碑、川松松太郎の句碑…
あるわあるわ。

こち亀まであるじゃん。

お百度まいりもあるんだと
改めて驚いた。

そんな中、

のんびり猫が毛づくろい。

おいおい、お前さんがよっかかっているのは
狛犬さまだぞ。
一言声をかける。

そうか…
どうりで、落ち着きはらって逃げないわけだ。

神様がバックボーンにいるんじゃあね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です