趣味は身を助く?ちょっと違うかな

店を浅草寺脇の花川戸から、この通りに移した頃は、
僅か数えるほどしか商店はなく、ちょっと寂しい通りだった。

夜になるとうちの店だけが、煌々と明かりがともり、
光と香りとで人を引き寄せる みたいな存在だった。

毎年のように、一軒また一軒と、店も増え、
18年もたつと、いっぱしの商店街らしくなってきた。

新人だったぼくも、いつの間にかロートルに組み入れられて
いて、古参組みと呼ばれていた。

昨日お隣に、この通り2軒目の喫茶店がオープンした。
「クローバーカフェ」
自分のことではなくとも、ウキウキしてくる。

早速、野次馬根性がむくむく湧いてきたが、一日中忙しくして
それどころではなかった。
その間に、喫茶店の店主のほうから来店を受けていた。
高い伽羅のお香を買い求めてくださったという。

ちょうど留守中のことだったので、夕刻、お礼かたがた、挨拶に訪ねると、オープンの助っ人で来られていた、店主のお母さんと、ついつい話し込んでしまった。

大阪の人だった。
次男が俳優を目指しているとか。
そのために東京の拠点+おさいふ、としてはじめたらしい。
実家は、自転車屋だという。

「自転車」おーー。
聞き捨てならぬキーワードであった。

「あさひ」という屋号らしい。
しばらく離れていた趣味ゆえ、業界地図にうとくてわからない。
「町の自転車屋さんかあ」儲けにくい商材だから、跡継ぎ大丈夫なのかななどよけいな心配をした。

店に戻り、WEBで検索してみた。

「あった、あった」
CYCLE BASE ASAHI
東証二部上場企業…
自転車屋ねえ…まあ…たしかに(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です