春がやってきたよ

10時少し前、開店準備に小走りで店に向かう。

シャッターの前に、見覚えのあるお日様のような方が待っておられた。
よく見ると福島のS師。
そこにおられるだけで、小太陽のよう。
ぼくよりお姉さんのはずなのに、身のこなしが軽やかだ。
それだけでも、パッと春の陽光があたり、春風が吹いた。

何やら大きな荷物をかばんから出され「はい」と、
手渡されるや否や、挨拶もそこそこに「用事があるので」と、その場をあとにされた。

そーと開けてみた。

春が詰まっていた。

こーんなに、心のこもった「春」は、久々だ。
いつも驚かされてしまう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です