得度

以前から親しくしていただいていたお得意様が
得度すると言う。
「おめでとうございます」と一言。

それは、社交辞令ではなく、本心からの言葉。
出来るときにはできるように進めるべき。

かくいう僕も過去、真言宗において、曹洞宗において
そして、天台宗において
その機会を得たことがあった。
でも結果、式までは至らなかったのだから、

こればかりは縁としか言いようがない。

決まって、直前に動けなくなる。
天台の時は、環境も向かう心も全てが揃っていたというのに。

だから、そのチャンスを得られる人には心から拍手を送る。

在家得度されるのだと言う。
「いつからそういうお気持ちになったのですか」と聞くと
まったく仏とは縁もゆかりもなさそうな仕事を
こなしていた若いうちから、
どういうわけか心惹かれたという。

今でも充分お若いと思うけれど…
それはさておきも

「仏に見出されていましたね」といえば、
「そうだね」「不思議でならない」と答える。

得度まで、何の支障もなくとんとん拍子で話が進んだという。

やはり縁だなとつくづく思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です