逆説

ある量販店のトイレにて。
用をたしながら、ふと前を向くと。

いつも見る「汚くしないで下さい」的な注意書きとは、
全く逆説的に書かれている。
「○○するな!」
「○○しよう!」と言われると、

あ!そうなっていないんだ。だから叫ばざるを得ないんだ。

標語は、出来ないから標語なのだ。
と心のどこかで思っているし、
注意書きは、できないから注意書きなのだ。

「きれいに使って下さい」は、
日頃きれいに使ってくれないんだな。

「渡るな危険」は、
危険なのに渡る人が多いんだな。

てなものである。

「いつも美しく使ってくれてありがとう」
とこられたら・・・

「どういたしまして(そんなにきれいに使ってないけど…ごめんなさい)」
と神妙になる。

なんとも人の心理は言葉一つで、
天と地の開きとなると思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。