写仏と写経

仏画と写経をひとつにして表装をする。

色は入れないが、仕上がるとなかなかのものである。
多少絵心はなくとも、心がこもる一筆は沁みるものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です