若さ、ばかさ?、柔軟さ

秩父霊場を廻る準備は完了し、
あとは天候次第となってから、
江戸時代の川止めを受けている旅人の気持ちだ。

仕事のけりがついて、出かけやすい状況になると、
決まって雨が降る。
というパターンがここ2週間続いている。

梅雨入りを恐れて、その前にと思っていたのに・・・
その恐れがはるかに早かった。
昨日から梅雨入りとなってしまった。

重い空を見ながらフッと考えた。

若い時ならどうしているだろう。

まず躊躇などしていないだろう。だいぶ違う。
後先を考えず、まず走り出しているだろう。

それなりの準備をしていたときもあるが、
雨具も持たず、ライトも持たず、
ましてや天気予報など見る気もしなかった。

予定したら、必ず実行である。

現場で雨に祟られることがあっても
それを受け入れてしまっていたに違いない。

信州の野麦峠を目指したときも、

伊勢志摩を巡ったときも、

妻籠に行ったときも、

冨士の頂上に自転車を担ぎ上げたときも・・・


(富士山頂上から30mほど下ったところ。やはり雨だった。)

結果、全て大雪か雨に祟られて大変な思いをしている。

けれど、なあにも考えなかった。
ましてや後悔などあろうはずはなかった。

濡れるのがいやだななども、これっぽっちも考えなかった。
結果、雨に降られて全身濡れ鼠になったとしても、

全天候が楽しかった。

「これも全て善し」だった。

考えれば相当無謀なことをしたと思うのだが、
そこが若さという柔軟さなのだろうか・・・

いやいや、なんのなんの、まだまだ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です