秩父行き

急きょ飛び出した。

実は巡礼は半分諦めかけていた。
時間が取れそうになると雨、急な仕事と・・・
なんども延期がつづいていた。

ようやく時間が取れそうと思ったら、なんと今日一日しかない。
これじゃあ、廻りきれないし・・・

一泊して全札所を廻りきるつもりだったから、
規模の縮小に若干気落ちして、それならいっそ、
昔ホームコースだった三浦半島を一周して練習をかねて走ってこようかか・・・
そんな程度に心変わりをしていた。

けれど、これから3ヶ月は、お盆や秋彼岸が続くから、
仏壇屋の繁忙期になるので、もうとてもじゃないが動けなくなる。
それはもう目に見えている。

今しかない・・・、
なら、できるところまでやるか。
と、腹を決めて飛び出した次第。

準備は完了していたとはいえ、半分諦めかけていたから、
つめができていない。
とにかくリュックに思いついたものを詰め込んで、
5時の出発予定が1時間ずれ込んで6時に家を出た。

池袋から西武池袋線を使えば特急で一時間あまりだから、近いといえば近い。

父の実家は花小金井なので西武新宿線は子供の頃の墓参りで
よく利用していたから、馴染み深いのだが、池袋線はこれで2回目。
ほとんど縁がない。

終点の西武秩父駅まで地図とにらめっこなので厭きることはないが、
腹が減って仕方がない。終点で駅そばを食べよう。

終点手前になると車内がざわついてきた。

見るからに巡礼者と思われる方々が降りる準備をし始める。
不思議に思い地図を見ると一つ手前の駅が札所1番に近い。
ここで下車するほうが便利なのだ。

ならば急きょ飛び降りる。

降りてみるとなあんにもない小さな駅。


こんな感じで出発

1番札所に向かう。
方向音痴だから、出発から逆方向に走ってしまうなんてことも日常茶判事のぼく。しっかりコースをイメージして駅前と分かれる。
10箇所も廻ればいいだろう。気は楽だ。

けれど、後ろに石灰岩掘削のため醜くえぐられた甲武山の異様な姿を背負い、頻繁にセメントを満載した大型トラックの走る国道を走る。あまりよい気持ちはしない。

途中小さな箸をわたる途中、ギャギギャギと聞いたこともない異音が後ろのタイヤあたりから聞こえる。
あわてて止めてチェックするが、何事も見つからない。

走り出し、あまりの空腹に地元のスーパーによる。
自転車を降りたと同時に何か黒いものが地面に落ちた。
何かと手に取ると、ブレーキの部品。
緩んでナットがハズれたのだ。

早速トラブル。しかもブレーキ・・・
自転車から部品をはずして、なんとか事なきを得て出発。


江戸古道があちこちに残っていて歩きよい。
が、運動不足のつけは充分足にきている。

あぜには菖蒲のような花が美しい。
今出た寺を菖蒲と一緒にカメラに収めようと農道の脇に止める。

地面に足をつけようとした。瞬間足が空を蹴る。
「地面がない!」自転車ごとドボーン!
・・・というほど深くはなかったが

その花に抱きかかえられ潜ることはさすがになかった。

いろいろありましたが、一日が終わりました。

残り24箇所は十月先かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です