不動明王ペンダント

通常は18kで製作するペンダントヘッドをホワイトゴールドで、
というご依頼があって、元型を利用して製作してみた。

シルバーに見えるが、ホワイトゴールド。

このシリーズの元型は彫が深いので、
この色(銀色)にしても表情が甘くならずにしっかりしている。

重さもそこそこ感じる。
かと言って重過ぎるほどでもない。

お客様のご意見で製作させていただきながら気づかさることって
結構あるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です