浅草寺境内にて

日はさすがに暑くても秋風が時節を告げている。
空はあくまでも高く蒼い。

暑さ寒さも彼岸までは昨年までは例えに使えたが、ことしはどうだろう。
彼岸を待つことなくすっかり秋模様を演出している。

そんなことを考えながらいると、
日の光すら残光という言葉が似合いそうな気がしてくるから不思議なものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です