まさに日記だ・・・

2004年4月19日

TONちゃん日記を書き始めた記念すべき?日。

http://www.nenjudo.co.jp/topics/topics.cgi?page=390

「ブログというのがアメリカから押し寄せてきそうだ」とウェブショップの勉強会では当時話題になっていた。
まだブログを「ウェブログ」と呼んでいた。
(今でも本式にはそうなのだけれど・・・)

けれど、このときはcgiで日記を作り、とにかく三日坊主のぼくが何処までできるか解らないけど、やるだけやってみようと始めたのだった。

が、意に反しほぼ毎日書き続け、今日に至ってしまっている。

途中からcgiの調子がおかしくなってきたので、すでに主流となっていたブログを利用して引越し、再スタートとなった。

だから、足掛け6年続いたことになる。

(へー!石の上にも3年と言うのにその倍かぁ・・・)

正直な気持ち。

手書きの日記なんて数日も続かないのに、実に面白いものである。

何年前のこの日は「何を」「どんな考え方」をしていたのだろうと振り返ってみるとこれまた尚、面白い。検索という手もあって、キーワードを打ちこめば、話題の中心を簡単に探すこともできる。

変化の中には、

当時日記の主人公がもう鬼籍に入ってしまったのもいる。

反面、めっきり年をとってしまっている仲良しのお客様も、日記の中には活き活きと書かれている。

当時乳飲み子だった子供も、小学生になっている。

お母さんの手伝いをしてあげなねと頭を撫でた子が、マサチュセッツのエリートになってしまったのもいる。

いつかお坊さんだね、と言ったあの人が、りっぱな坊さんになっている。

何がマイ流行だったのかも知らされる。

人様に公開する公共の場に個人的感情を書き連ねるのには抵抗を感じた。のは始めのうちで、調子に乗って、随分書き荒らしてきたような気がしてやまない。

どうか今しばらくはお付き合い願いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です