丸一日商店会行事

前日の午後・・・

いつもながら準備不足で、寄せ書きを思い立ったのも4~5日前。
図柄を決めたのは1日前の朝。

書き出したのは昼過ぎ。

構図を考えながら、猫島にちなんで猫の足跡で足型を作って表現しようと考えました。

消しゴムの猫の足型。

何匹の猫が押してくれた勘定になるのだろう・・・

あとは募金の日の当日を待つばかりです。

明けて10月23日。日曜日。

いよいよ被災地支援の第四弾企画が始まりました。

一番の気がかりは、空。

気にしていた天気予報は雨のち曇を表していたので、はらはらどきどきでした。

ここ数日間は雨がついて回っていただけに、順延も視野に入れざるを得ない状態で、予算を使わないためにもテントを借りる経費すら我慢しましたので、気が気でなかったのでありました。

5時を過ぎると目が覚めて、今日使う注意書きなどをパソコンで印刷したり活動開始。
あっという間に時間は過ぎ、薄明るくなっていきました。

と・・・・言うことは・・・・・・

空が何とかもっている・・・・
慌てて窓を開け空を見上げました。

遠くの空は青空も望めるけど曇り空。けど、重い雲ではない。

やった!

雨男の会長は負けました。負けてよかった!

さあ。
はじまりはじまり。

会員の手作りポップは場を和ませてくれました。

会員が朝10時から夕の4時まで一時間毎に時間を区切り、ローテーションを組んで奉仕してもらいました。

中には家業が忙しく出れない会員さんは、ヤングパワーを投入してくれました。

始めは、もぞもぞしていたヤングもいつの間にやら、「お願いしますーー」大きな声を張り上げて、その声に行き過ぎた人がわざわざユーターンして募金していかれる姿も印象的でした。

う~ん。

ヤングパワーもさらにヤングになると、自分で書いちゃうのね。

マイクでの誘導は、丸一日行ないました。
企画部長とTONと東京藝大のY君と三人で声を枯らして喋り続けました。

応援に駆けつけてくれた梅后流江戸芸かっぽれの皆さん。

ありがとうございました。

立川らく里師匠も先回同様(第三弾)高座のないやりにくい道路上でお噺しをしてもらいました。
道行く人のまん前で、さぞかしやりにくかったろうなあ・・・

お陰様で、291名の皆様からこんなに真心こもった寄せ書きを頂戴することができました。

大船渡にもって行けるだけの義援金は残念ながら集まりませんでしたが、御縁門の運搬費に使わせていただく費用の一部は、確保できました。

活動中、「御縁門の運搬費に使ってください」と手渡してくださった皆様、泣くほど嬉しかった。

中には、かわいい封筒に「25555円」と書かれた封筒とお菓子の差し入れまでしてくださった篤志の方。
直接お礼をいえませんでしたが、御縁門にかわりましてお礼を申し上げたく思います。
(25555ってニャンコゴーゴーゴーなのかななんて思ったりしています)

本当に多くの浄財を御縁門の北帰行に使わせていただきます。

終了して、ホッとしたみんなの顔がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です