沈香天台

これを出しちゃうとあとはどうかな・・・
ちょっと不安にかられ、玉屋に確認するも

「今は入手不可能」との返事。
そうだよね、香木はすべて海外からの輸入だけど、その輸入業者が引き戻したいとしかも、昔の価格ではなくて、現在の相場でいいから引き戻したいということなのだそうだ。

〇玉はまだしも、天台宗や浄土宗のような特殊な玉は玉としても作れない。

まして表面の化粧(要するに色合わせ)なしの素挽き状態の玉で写真のようなこのクラスは皆無。

よそのサイトを見ることはまずしないTONですが、改めて見回してみることにしました。
と、白ボタどころかま白しろすけだけの念珠。え!絶句。。。。

沈香とはとても思えない代物が出品されているのでありました。

よくて沈香油を通したもの(かな)で、平均的に黒すぎる。
着色だけかもしれない。

時代のゆえに仕方ないのかもしれないが・・・・
実に実に・・・寂しい。

沈香には鎮静剤に使用される成分が含まれているから、その香りを聞くだけでも癒し効果抜群なのだ。念珠を手にこすり合わせることでその香りが手に移る。それだけでもいい。
白いからといって香りがしないわけではないのだが、濃厚な沈香の香りは油を持つ材にはかなわない。

木の塊にライターであぶって「店長いいでしょ」と材料屋が持ってきた時代があったなんて・・・

あ~~~~今は昔。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です