お嫁行き

念珠堂の強みは、仏像のオーダーに強いことだと思う。

自分で言うのもおかしなものだが、とにかく気に入ったものを追求してしまう。

作らされる者、つまり仏師はたまったものではないだろうが、心が動かないものは世に出したくないのだからしかたがない。二寸の不動明王を手直し手直ししながら1年かかってしまったり、薬師如来を3年も4年もかけながらも納得いく彫りに至ることなく終焉してしまったこともある。

付随してとても困ることがある。それは販売したくなくなること。

仏さま一体一体に思い入れがある。

泣く泣く行ってらっしゃいとお嫁に出す。。。というTONなのでありました。


観音様のミニ香合仏これも形になるまで時間がかかりました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です