東照宮

徳川家康公が元和二年(1616)に没して、今年でちょうど400年という年回りにあることをご存知だろうか。

関ヶ原から16年、戦国の慶長から元和へ時代は平和になったことを宣布され、家康公は二年後に亡くなられた。
その没後400年という年を記念して各地でさまざまな催事が催されているわけで、身近でも江戸東京博物館でも関ヶ原展と銘打って行われている。

友人に東武でこんな企画しているよと教えられたのが、昨日。

御朱印ブームに乗っかって?東武鉄道沿線の各所にある東照宮(本家本元は日光だが)を巡ってくるというもの。

御朱印帳は特別なもので、その朱印帳でないと頂けない朱印がある。
早速、浅草駅に飛んだ。

友人から言われた二階の売店に行くと一階だと案内され、一階に行くと置いてないとすげない返事、それを見かねた駅務の女性が反対側じゃないかと別の売り場を案内し、行ってみるとここではないとまたまた言われ、結局、出口近くに目的のものとようーーーーーーーーーーーーーーーーやくにして出会うことが叶った。

「やってますよ~」と幟旗を出すでもなく、みなさんの意識にないとは・・・。
売店先に積んどくだけということではね。どこまで東武さん本気なの?と少々TON自身の毒気を抜かれた感じ。
けれどこれも神事なのだろう・・・。

で、やっと手にしたのがこちら。

カワイイ柄です。
スペーシアの日光詣出号もちゃんと入っている。

そして、今朝早速、浅草神社に詣でさせていただいた次第です。

とても日光まで行く時間はないけどね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です