影が薄いぞ・・・

今月第三日曜日は「父の日」ですね。

え!忘れてたって?

シオシオのパ~(死語)じゃないですか。

母の日は、どの業界もこぞって盛り上げているのに・・・
一家の大黒柱(これも死語?)のお父さんに感謝する父の日はなんと影の薄いことでしょうか。

ググってみるとなるほどと思わされます。
以下のとおりです。

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。
最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。
1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる。
1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日に制定される。

母の日は1907年に制定された(アメリカではね)といいますから、3年遅れの制定となるわけです。

どうでしょう。父の日香っていうのは。

父の背にはお父さんの何が表れているのかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です