戦い終わって日があけて

考えること きもちのよい朝でした。

戦い終わって日があけて、

朝から、マラソンのチェックばかりしている。
終わった直後からずっとかな。

天候の不順を蹴飛ばすくらい、評価は良かったように思う。

ぼくの店を始め、雷門デルタ地帯は、ほぼ閑古鳥状態であったけれど

      
シャッターを締める頃には通常の売上げに戻っていた。

テレビなどでは、このデルタ地帯が、

「開店休業であった」ことのみ言葉を切り取って
申し訳なさ程度に放送されていた。

全体として順風であったゆえに、

それ以上には、
報道されなかったのだろう。

応援しながら、僅かながら、

東京が故郷と思える不思議な感覚が沸き起こった。

単純なことなのだけれど、こうした催しを通し、

協力し合い一つになっていくことで、

連帯と自信が生まれ、

親しみが湧き、

郷土愛が生じていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です