潤う

mixi仲間のところから、
しばらくぶりにコーヒー豆をいただいた。
(仙台のコーヒー屋さんなのだhttp://www.nelsoncoffee.com/

自分も香りの商売をしているせいか、
お香に限らず、香りのものには、いささかうるさいおやじなのだ。

習慣性が身についてしまっているというのか、
いつもある香りがないと「情」まで欠乏してくる。

コーヒーの荷物が届くと、小包が店に入った瞬間から、
ピンと来る。

香りの自己主張が箱におさまりきれないのだ。

「コーヒーは生もの」ということは、
ここで教えてもらった。活きの良い香りは、
こちらの気まで上昇させてくれるようだ。

急にウキウキモードのスイッチが入るのだから。
暫くは、潤いそう。

香りの力をまた新たにさせられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です