時を越えて受け継ぐ

昨日の靖国神社は、嵐の前の静けさ。

敗戦記念日の当日は、とてもまともに歩けない参道も、
今日は凱旋車一つない。
夏の太陽、若干の緑風、
走る自分の飛び出す心臓の音のみだった。

この坂も何度、駆け上がっただろう。

こんな写真とってる暇ないよと思いながら、

走りながらもつい手を動かしてしまう。

何処かで見た光景

遊就館でSさんと元特攻隊の紳士と再会した。

館内をしっかりと説明していただいた。

氏は、陸軍特攻機、さくら弾を知る数少ない証人。
戦後生まれの自分には想像でしか感じとれない部分を、
充分すぎるくらい補完してくださった。

靖国神社には喜怒哀楽をもつ人間の、
血のかよう生々しい人生が祀られている。

けっしてここは、記念館、ミュージアムではないのだ。
字面には現れてこない悩み、苦しみ、悟り、喜び、決意…。
そんな心の結晶があるのである。

時の日本の置かれた状況を理解し、
個としての夢を散華してまで未来に国を残したい純な心。
そんな若者が「いた」という事実を事実として、
受け止める責任が僕らにはあると感じさせられる。

氏は、
「ここに来るたびに先に逝った戦友にすまない思いでいる」
「昭和の大戦は、自分の中で終了させたい」とおっしゃていた。

なんの、まだまだ。
もっともっと伝えて下さいね。
正直思った。

驚きの企画をその後、
友人に用意され…
(氏もぼくも友人も誕生日が近いので)
氏にとっても僕にとっても
言葉どおりサプライズだった。

ダブル感動の日だった。

まさしく「感動した!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です