つい・・・

できごころで・・・

買っちゃいました。

ALWAYS三丁目の夕日の影響は大きい・・・か。

たばこ屋のねこが欲しい・・・

“つい・・・” への0件の返信

  1. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が大ヒット。週末2日間だけで観客43万人を動員し、興収5.5億円。最終的には1000万人の動員を目指している。映画のストーリーは、昭和の東京の下町での人情ドラマ。だが、撮影現場はいつもピリピリした空気が張り詰めていた。原因は主演の吉岡秀隆(37)にある。役柄とは裏腹に、共演者の演技で納得がいかないと、すぐ不機嫌になり口も聞かなくなる。共演した女優・小雪も「精神的にキツい」とグチをこぼした。

  2. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が大ヒット。週末2日間だけで観客43万人を動員し、興収5.5億円。最終的には1000万人の動員を目指している。映画のストーリーは、昭和の東京の下町での人情ドラマ。だが、撮影現場はいつもピリピリした空気が張り詰めていた。原因は主演の吉岡秀隆(37)にある。役柄とは裏腹に、共演者の演技で納得がいかないと、すぐ不機嫌になり口も聞かなくなる。共演した女優・小雪も「精神的にキツい」とグチをこぼした。

  3. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が大ヒット。週末2日間だけで観客43万人を動員し、興収5.5億円。最終的には1000万人の動員を目指している。映画のストーリーは、昭和の東京の下町での人情ドラマ。だが、撮影現場はいつもピリピリした空気が張り詰めていた。原因は主演の吉岡秀隆(37)にある。役柄とは裏腹に、共演者の演技で納得がいかないと、すぐ不機嫌になり口も聞かなくなる。共演した女優・小雪も「精神的にキツい」とグチをこぼした。

  4. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が大ヒット。週末2日間だけで観客43万人を動員し、興収5.5億円。最終的には1000万人の動員を目指している。映画のストーリーは、昭和の東京の下町での人情ドラマ。だが、撮影現場はいつもピリピリした空気が張り詰めていた。原因は主演の吉岡秀隆(37)にある。役柄とは裏腹に、共演者の演技で納得がいかないと、すぐ不機嫌になり口も聞かなくなる。共演した女優・小雪も「精神的にキツい」とグチをこぼした。

  5.  3日から公開された東宝配給の映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が驚異的なロケットスタートを見せ、映画業界に驚きの声が広がっている。公開2日間で興行収入5億4800万円と、前作の250%超の成績。巧妙な宣伝戦略にも支えられ、しばらくはその勢いが止まりそうにない。

     おととしの秋公開された前作は日本アカデミー賞など各種映画賞に輝き、興収35億円と大ヒットした。続編は、その前作の2倍以上の出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です