運動足袋

秋空には、やっぱり運動会がよく似合う。
思い出深いのは、小学校だ。

中学や高校時代もあったはずなのだけれど、何故か覚えていない。
歳をとると、古い記憶のほうが鮮明になると聞くが、
その傾向か・・・などとは思いたくもない。

小学校の運動会と言うと、運動足袋(うんどうたび)が思い出される。
運動足袋を持ち出すと、たいがいの人からは「何?それ」
と、言われてしまうのが落ちだ。

店の子たちに話そうものなら、
完璧にゼネレーションギャップに悩み、悩ませるだろう。

ほぼ同年代を生きたはずの上さんに話しても、
「熊本にはそんなものなかったわ」と食い違いを見せ、
あーだこーだと事細かに説明しても全くらちがあかず、
「一歳半違うと時代が違うのね」となって話はいつも終了する。

この短命なる「運動足袋」を
世間ではどれくらい知っているのだろう…
ちょっと不安になってくる。

世は、映画ALWAYS三丁目の夕日に触発されるように
大の昭和ブーム。
そんな文化もあったと覚えておいて欲しいわいとも思うのだ。

こうないないと言われ続けると、
もしかしたら自分で思い込んでいるだけで
そんなものは、この世に存在しなかったんだろうかと
記憶に刷り込まれ(つまり洗脳である)そうになってみたりもする。

が、が、が、だって履いたんだもの。
その記憶を消すことは出来ないょ。

ちょうどよい機会。ネットで調べてみた。
あったよ「運動足袋」 いやいやこれではないの。

もう少し緻密に調べましょう。

ありました。
こんどこそ「The 運動足袋」
なんだか、絶滅種の代表のような存在である…

けど、僕の想い出の運動足袋は、
なんともはかない陽炎のように一日の命の
白い運動足袋なのだ。

勝った事のない徒競争のためにと、
貧しい中、母に買ってもらった足袋が一日でボロボロになる切なさ。

それが「僕のALWAYS」なのである。

“運動足袋” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です