大川風情

吾妻橋を遠望して一番美しいなと思う箇所だ。

駒形橋西詰めつまり、駒形橋の浅草側によったあたりからの風景が
バックのアサヒ本社ビルの燃える金の魂(俗には雲子ビルだが)と、赤い橋、青い空、そして屋形船がコントラストとハーモニーを美しく奏でる。
空が静なら波間は動。


3年も経てば、今度はこのキャンバスの中に、スカイツリーの尖塔が動と静を奏でることになる。

変化がまた楽しめそうだ。

浅草寺の戒殺はここ駒形堂(地元ではこまんどうと呼ぶ)が南の仕切りとなる。

もともとはもっと道路中央よりにあったと古地図は教えるが、
渡しから駒形橋の鉄橋が生まれるとき容赦なく古刹を隅に押しやった。
このふもとから観音様が漁師の兄弟に引揚げられたのだから、
もともとはここから祭りの原点なのだ。

駒形堂に隣接するむぎとろも改装し落ち着いたたたずまいとなり、
いいムードをかもし出している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です