つぶやく

玉穴を拝見するとテグス(釣り糸)一本通してやっとなのだ。
実際通している中糸は念珠糸ではなくテグスそのもの。

念珠の玉は、実は見えないところにものすごく手間をかけている。
できあがってしまうと形は念珠であるが、似て非なるものなのである。

海外品には細い木綿糸やテグス。
中にはワイヤーで通しているものも散見する。
テグスやワイヤーが強いと思ってのことなのかもしれない。
亡も過去いろいろな糸を試した。
ナイロン100%のがっちりした糸も使った。

けれど、「硬い」と「しなやか」では後者に軍配が上がる。
こんなにがっしりした糸がと思うのは素人のなんとやらで、念珠は玉と玉の間で糸を四六時中、曲げたり伸ばしたり引っ張ったりと限りない悪環境に貶めているのだ。
硬い糸ほどせん断に弱い。硬いと思っているワイヤーも繰り返し〃箇所を折り曲げられればあえなくギブアップする。

ネックレス用の玉は、中糸との間隙をあえてとらないため、細い針の先も入らない。
それほど小さい穴の玉で念珠を作ろうとするのは、元来無理な話なのだ。
ゆえに穴を大きくしないといけない。
けれどそれをすると一玉数百円かかる。

中国など海外でこれは安いと思ってホクホク持ち帰っても、ちゃんと長持ちする「念珠」にしようとすると、かえって高価なものとなってしまう。

実は作りかえる側もジレンマなのだ。
制作する以上自信を持って送り出したい。
「よかった」といってもらうのが職人の生き甲斐なのだ。
「もう切れた」とかひどい場合は「手を抜いたんじゃないの」などと言われたら、みもふたもない。

海外製は初めからお断りしてくれとも言いたくなるわけだ。
でも他でいい加減な作り方をされるくらいなら自分の手で最良な方法を編み出して制作しておきたいというのも本音なのだ。
だからジレンマを起こしてしまう。

こうしてみるときれいに見えるのだけれどね・・・

念珠は日本の職人が作ったものを持ってもらいたいなあ・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です