隅田川風情

浚渫した川底の泥を運ぶ。

だれもその気で見ない限り気づかない影のような仕事だけれど、感謝に思う。
そんな仕事がぼくも好きだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です