晩夏の空


昼下がりの隅田川の風景には、夏の盛りを過ぎた空気が漂っていた。

空はあくまでも夏空なのだが、私との間にあるそれは、もう秋が近いよと教えてくれるかのように感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です