もすら

ザ・ピーナッツはやっぱりうまいなあ・・・

急に恋のフーガが聞きたくなった。頼みのユーチューブだ。
あれこれ聴いているうちにモスラの歌が聴きたくなった。

でこちら。

小学校時代の僕は怪獣映画ファン。
子供心にこの歌がやたらと切なくて、正義のモスラとあわせて大好きになったのを覚えている。

改めて調べてみた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%AD%8C

詩を調べてみた。
全然耳では追いつけない歌詞。
モスラ~~やモスラ、どなたかにやインド娘・・・てな具合で子供時代には歌っていたのだ。そう聞こえてしまうし耳に残らないのだからしかたがない。

ネットとは何とありがたいことか。

ちゃんと歌詞まで教えてくれる。

以下の通りなのだ。

モスラヤ モスラ
 ドゥンガン カサクヤン インドゥムゥ
 ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン
 ランダ バンウンラダン トゥンジュカンラー カサクヤーンム

これを訳すと、
モスラよ 永遠の生命 モスラよ 悲しき下僕の祈りに応えて 今こそ 蘇れ モスラよ 力強き生命を得て 我らを守れ 平和を守れ 平和こそは 永遠に続く 繁栄の道と言うことなのだそうだ。

実はこの摩訶不思議な詩は日本人の詩をインドネシア語で訳していたのだそうだ。
露とも知らなんだ。

覚えられないのも無理はないよなあ・・・

作曲は「長崎の鐘」や「君の名は」、札幌オリンピックのテーマ曲を作曲した、古関裕而氏の作というのも実に驚いた。

あぁ。
しばらくモスラ~~やにかぶれるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です