立場替われば

次男坊が高校の友人たちと卒業旅行をしたいと言い出した。
しかも自転車で行くと言う。
TON店長のサイクリストとしての血を引いたかと、ほくそえんでいる場合ではない。

なぜなら、何度も驚きの壁を越えなければいけなかったからだ。

まず目的地。
房総半島一周、箱根、伊豆・・・とコロコロ変わった。
結局、富士吉田あたりとなったようだ。

友人あってのこと仕方ないにしても随分変わるねぇ。

「13日に出かけるよ」って言っていたのに、前日に突然出かけてしまった。
慌てた。

何時に行くのかと聞いたら、3時に待ち合わせていると言う。
夜中の3時ではない。
今の時期。日も陰ってくるから夕方と言ってもおかしくない午後3時である。
ここで二度目の驚き。

八王子で泊まるのだという。
たった・・・と言ってはなんだが100キロ強を二日がかりで行くという。
ふ~ん。第三の驚き。

やたら軽装でいるからちょっと心配して、地図は?と聞くと、
「友達が持っているから」
え!地図も工具も持たないという。はぐれたりパンクしたらどうする・・・第四の驚き。

携帯を持ちながらもいつも全く通じない次男の携帯電話。
数日前上さんにさんざん叱られ、今回は途中経過をメールで実況中継してくる。

新宿についたと4時に連絡して調布に着いたと8時に連絡してくる。
時速7キロに満たない速度。第五の驚き。

残りの距離から推定すると11時過ぎるな・・・
ドンピシャその時間に着いたと連絡してきた。

八王子を過ぎれば本格的な峠越えが待っているから、
さてさて目的地には何時に着くものやら・・・

僕の親もこんな思いをしたのかな。
ずいぶん無茶をしてきたからなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です