とんだ屁まをしたもんだ

最近図書館に行く機会が多くなった。

岩波正太郎の本を読み漁り、時代小説の主だったものはほぼ読みつくした。
次の本は「徳川家康」にしようと思い、棚は何処かな?と、館内に置かれているコンピューター端末で検索をしようとコーナーに近づいた。

残念ながら大人用の機械は若い女の子が懸命に検索していて・・・
「当分無理だな」

しかたない。隣のく子供用のに向かった。
背の低いテーブルの前で腰をかがめて打ち込むことにした。腰を折っているとジンジン痛くなってきた。中腰は腰痛持ちには最も悪いI姿勢なのだよ。

しゃがむことにした。

実はその直後、事件は起こった。

事件は予期せずして起るものである。

しゃがむとトイレに行きたくなった。
が、もうすぐ検索結果が表示されるのだ。

「なあに。結果を待ってる時間くらい大丈夫さ」

下半身に力を入れて、己に喝を入れた。

「ブヒ」ダッシュ(走り出す様)


・・・たらーっ(汗)
・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
・・・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

どこか下のほうでで強烈な破裂音がした。

一瞬、何のことやら理解できず、キョロキョロ周りを見回してみた。
そこには何も変わらない風景。

ただ、隣のコンピューターをいじっていた女の子が逃げていく。

(ん!僕?)

心は叫んだが、いまさらどうすることもできないじゃない。

心で口笛を吹きながらその場を去った。

TONのふてぶてしさにも驚いたが、赤面もしない己にちょっぴり歳も感じた。

ちぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です