今でも・・・

この図柄をぱっと見て、「100円玉だ」と思う人は、同世代。

昭和42年に今のデザインに刷新されるまで文字通り銀貨として巷に流通していた。

TONの好きなのはこのひとつ前の図柄が好きなのだが、甥の手元に行ってしまっている。

昭和39年がオリンピック記念貨に食われて発行枚数が少なかったこともあって希少価値がある。
ときどきこういうのを使用されるお客様がおられるので、もと古銭マニア小僧だった血が騒ぐ。

わざわざ両替に電車に乗って両替機のある繁華街まで出かけて10円玉、100円玉を袋にいっぱい入れてワクワク帰宅したものだった。近くの銀行で両替すればすむものを、そこまでの頭がなかったところが、小学生らしいと思って欲しい。

32年の100円も35年の50円も山と(そりゃオーバーだ)あったんだけどなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です