サンタはだあれ・・・

クリスマスがくると決まって思い出すことがある。

次男は苦い顔をするだろうからあまり口に出さないが、彼は小学校高学年までサンタクロースを信じていた。

ある年のクリスマス。

吊り下げていた靴下をみるとに何やら入っていることに気がついた。

靴下の外から触るとガサガサ音がするから手紙のようだ。

そーーっと靴下から抜いてみた。案の定小さな手紙だった。

開いてみた。

「サンタさんへ」で始まる文章は、いつもご苦労様と気遣いの文章から始まっていた。世界中の子供たちのところに行って大変ですね・・・・と。
そして最後に当時流行っていたテレビゲームが欲しいと締めくくっていた。

手紙を開けた親のほうが胸が熱くなって、これならサンタクロースも癒されるに違いないと思いつつ元に戻した。

彼の希望した品物とは違うプレゼントであったけど枕元に何やら置いた記憶がある。

この日は子供という姿でサンタクロースは僕のもとに訪れてくれた。

もちろん、そのサンタへの手紙も僕たちへのプレゼントと信じ、大切に引き出しの奥に保存している・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。