沈黙の中にも、心を伝える

仕事柄、人の念珠は、いやと言うほど拝見させてもらう。

製作に関わる者である以上、
当たり前と言えば、当たり前の話なのだが…

まだ購入されてから、何ヶ月もしていないのに、
酷使されて還ってくるものもある。

そうかと思うと、
10年、20年と過ぎて貫禄を増して、戻ってくるものもいる。

そうした、自分の手から出て行ったものには、ひとしおの感がある。

お嫁に出て行った娘が
「お久しゅうございます」と里帰りしてくれるようなものだ。

還ってくる姿を見て、さまざま思うが、
親としては、労をねぎらい、疲れを癒し、また、戻らせるのが
当然の処方だろう。

「うちの娘を大事にしてね」
心の中で祈りながらまた、手から離す。

最近、手にした念珠に感動した。
物は語らない。けれど、心は伝えてくれる。

これは、お直し中の写真だ。

星月菩提樹に赤珊瑚仕立てのミニ念珠。
80年以上たっている年期ものだが、作りがめちゃくちゃいい。

手のひらにすっぽり隠れてしまうほど、きゃしゃなつくりであるのに
しっかりとした重量感がある。

年代ものということすら感じさせない。

珊瑚ボサ一つ見ても、バランスが良く、センスのよさが光る。
穴周りの処理もすばらしくいい。

星月菩提樹も真っ黒になり、かろうじて年代を感じるが、
丸め、穴繰り、磨きがすこぶるいい。

このクラスの玉にしては、比較的、太目の中糸を通したが、
何のひっかかりもなく、するする通る。

「へーーー!」感嘆符を、3つも4つもつけたくなる驚きであった。
「いい仕事してますなあ」とは、どこかで聞いた言葉であるが
口をついて出てしまう。

職人にも信仰心からくる、こだわりの心があった時代のもの。

ものづくりとしては、
自分もそうでありたいと感じる逸品だった。
「沈黙の中にも、心を伝える」ものを創りたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です