泣けちゃう

讃祷歌

仏教歌のひとつと言える。
一度でも聴かれたことのある方なら、仏教歌というといぶかしがるだろうほどに
その枠を越えて、日本人の美しかった心を歌い上げている。
全く新しい分野の歌と考える。

作者の心から零れ落ちる旋律を、自ら書きとめて
楽曲とした。

新堀智朝尼の生前中250曲近くを世に出され
風のように去って逝かれてしまった。
人の心の荒廃を嘆かれ、生涯を心の復興に捧げた。

駆け足で逝かれ、遺言のようにこの歌を遺された。
だから僕にとって、特別な存在なのだ。

最近知り合ったS師に楽譜をさしあげたところ
感動のままに
書き留め創作してくださった・・・散華。

一番好きな観音さまの歌も散華になっていた。

♪いとけなき子らに
 よみじを照らしつつ
 み手には乳びたれさせ給う 
 南無観世音・・・・・
 
 オンアロリキャ ソワカ

しばらく聴くことができなかった旋律が
目を通して、心に響きわたってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です