大麦小麦

お得意さんのYさんが福島のお母さんと訪ねてくださった。

「はいお土産」

と、なにやら大きな包みをいただいた。
花束?にしては青々しているし、
だいいちBooに花束は似あわなイッショ。

はみ出ている葉っぱは、韮(にら)のようだし・・・
Booの韮炒め…?

開けて驚き「大麦小麦」
庭で採れたものだからということで
福島からわざわざ持ってきてくださったのだ。

「どうやって食べるのですか」と聞くと、
観賞用で実のつく前に刈り取ったの、とのこと。

ということで・・・

こうなりました。

Yさんに浅草名物をと思って、猫好き母娘とリサーチ済みゆえ
最近見つけた、浅草には珍しい美味しいたい焼きを買いに、
浅草寺裏に足を伸ばすが「開店準備」と言うことで空振り。

なにか良策はないものかと頭をひねって出た答えが、
猫=ドラえもん=ドラ焼き 名案である。

ドラえもんの好物にしようと駒形に走ることにした。。

ここ小川堂は、元はうなぎ屋ゆえ、
未だに、知らぬ人はうなぎ屋と間違えるらしい。
看板にうなぎの絵も出ているしね。

職人らしく、とっても飾り気のない
気さくなご主人なのと、
餡がとにかくうまい。

近くの隠れた名店と信じている。
世間話をしながら店内を見渡すと、

つい先日、皇室日記のテレビでみたばかりの
「桧の兜」が置いてあるではないか。
秋篠宮家に納められた兜と同じものだ。
それ相応にスケールダウンしてはいるようだ。

宮中に献納された兜の職人が友人で、
作ってくれたのだとか。

芯のある職人同士で、気が合うのだろうと、
勝手に思いながら写真を撮らせてもらった。

僕もこの小川堂のじいちゃんと気が合うということは、
僕も頑固オヤジということか!

この方、「最近はいい商人がいなくなった」
と口癖なのである。

“大麦小麦” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です