浅草寺

浅草寺境内は、今の管主さまが就任されてから、
さまざま手を加えられ、祈りの場、憩いの場として、
整ってきていることが肌身に感じる。

今までどうして手付かずにされておくんだろうと、
不思議に思えていた箇所が、
次々と手を加え、新しくされている。

確かに、膨大な資金が必要とされるだろうし、
それだけのお金があるなら、
宗教家は施すことに使ったらどうなんだ。
などと、持論としていつも腹に持つ。

けれどここは、し過ぎなかった…

何たって、
世界の浅草寺である。
日本は知らなくても「浅草」の名は一人歩きするほどのブランドである。

浅草寺テンプルに夢を抱いて訪れる外人も、
日系人もいらっしゃるのである。

戦争前の緑あふれた、浅草公園のイメージは、
ここに立つと、もろくも崩れる。

戦後の仮復旧のままの姿が、今までのここだった。

心ある方は心に思えど・・・ではなかったのだろうか。
巡礼地でもあり、これだけ巡拝者が集まっても、
お休み所は民間のお土産所のみ。

信徒会館すらないのである。

浅草寺病院を皮切りに福祉会館、御影堂周りのお堂群、
宝蔵門、公衆トイレ…

そのうち戦災銀杏を軸にした緑の多い公園になったりして。

心字池も復活したりして…  そうなったらいいなあ。

ここも、ようやく手がつけられた。
二尊仏裏の地蔵も貴重な史跡だったのだが、今までは無残な状態だった。
やっと手が加えられた。


うれしいねえ。

今の管主さんのご実兄が天台座主になられたことが発表された。
浅草寺、さらに変わるかなあ。

http://www.tendai.or.jp/journal/kiji.php?id=1170036339

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です