雨に考える

とっても不思議な日。

雨は、人を選別してくれるみたい。

天気がよく、人の出がよければ、浅草という観光地は好立地となる。
それに伴って、入店してくださるお客様もがぜん多くなる。
それはそれで、新しい出会いの場が醸造されて楽しいものである。
じゃあ、それが、売り上げにつながるかと言えば、必ずしもそうではない。
これは出逢いなのだとつくづく思う。

個人的には、人混みは避けたい口だし、
ただ、お客様をマネーの対象に見る商売の仕方は、
身震いするほど嫌悪感を感じてしまう。

「損得より善悪を考える商売をせよ」とは、古人の言であるけれど
当を得ている未来永劫の原則だと思う。

商売をし始め、少し慣れてきた頃のことを思い出した。

商売スタート当初は、全く未知の分野であり、
対人(嫌)恐怖症に近くもあったのだからおのずと、
薄氷を踏むような仕事ぶりであったはずだ。

そんな、恐る恐るお客様に接していたものが、
多少の自信がつくと、やる気満々が度を越して
かなりの増長慢になった時期があった。

何をやってもうまくいくのだ。
そんなときの自分は、
お客様を見ると、一目で心のうちが、伝わってくる。
何をしたいのか、家族構成は、血液型は、出身地は、懐具合は・・・
何もかもが、心に浮かんでしまう。
それをそのままお伝えするだけで、
成約につながることが多かった。

不思議な話しだと思う。
人間そう単純ではないらしい。
また、慢心にはちゃんと、奥底にある良心が警告をしてくれるようだ。

いつのまにか人の顔をみると、相手のお財布が優先するようになってきていた。
そうすると、徐々に、商売そのものまで嫌気がさしてきた。

「おはようございます」と挨拶すると、この方はいくら持っている。
と顔が円に見えてしまうのだから、これはショックである。
たまったものではない。
縁を大事にしたいと始めた仕事が、円を先に考えるようになっていた。
唖然とした。

このままじゃいけない。
あせればあせるほど空回りしてくる。

結果、一切、手を引いた。

一からやり直した。
この経験がありがたいと今は思える。
僕にとっての商売とは・・・と、心底、心に焼きついた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です