身を正されるとは・・・

シンガポールのお得意様。
本当に会うたび、真摯な姿に、
姿勢を正される。

沙門として生涯を仏門に捧げて生きる。
戒を文字通り実践されて生きる。
神々しささえ感じるときがある。

彼の目から見る、大乗仏教の花開いた国「日本」は
どう映るのだろう・・・

自由という名の不自由。
美という名のグロテスク。
拝金という名の貧しさ。

貫くすがたには、羨ましさすら感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です