讃祷歌

讃祈歌。

といっても知る人は、
よほど仏教歌に関心のある方くらいだろうか。

すでに、故人となられてしまったが、
真言宗智山派智韻寺住職の新堀智朝尼が
世に問うた仏教歌(その範疇にはおさまらないが)である。

新堀師とは、奇遇としか言いようのない出逢いから
ご縁をいただいて長いお付き合いをさせていただいた。

智韻寺がまだ寺として格付けされる前、
つまり代々木教会(真言宗)としてあった時代からの
細に渡って、支えてくださった恩師である。

今の浅草の店の開店した際に、祝福して
詠唱団の数名を引き連れて来られて、
讃祈歌を玄関口で詠唱してくださった。

ふっと旋律が口をついて出てくる。

 いとけなき子らに
 
 よみじを照らしつつ
 
 みてには乳(にゅう)び
 
 たれさせたもう
  
 南無観世音・・・・・
 
  オンアロリキャソワカ

 今日は父
 
 明日は母よと
 
 呼ぶ子らに慈悲の雨ふる
 
 晴れをまたなん
   ・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です