ほおずき市

浅草は、ほおずき市

本来、四万六千日の観音様のご縁日に市がたったことが
そもそもなのだから、
本来なら四万六千日を知らずして、
ほおずき市を語るなかれなのだ。

朝の市もいいけれど、
夜店の市がなおいっそう、情緒のある風景となる。

“ほおずき市” への0件の返信

  1. 緑の中で育った、根っからの田舎ものなので、コンクリだらけの東京には、ときどき閉口するのですが。
    入谷のあさがお市と、浅草のほおずき市は、好きです。
    やはり緑があるからでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です