身につまされる・・・

過去にお寺の要請で製作した。
お年寄りのボケ封じ観音。

ボケの言葉は使わなくなったから、
「認知症除け観音」とでも呼ぶのかな。

ボケ、認知症、物忘れ…
30代までは、全く考えもしなかったことだった。

「ぼけ封じ」と聞いても正直ピンとこなかった。
言われたから作った。が本音かな。
感想も何もなかったような気がする。

老夫婦が観音様に慕う姿…
ぼくの感受性ではそれが限界だった。

けれど、ぼくも人並みに50を越えた。

10歩歩けば、何しに来たんだっけ?
「あの時、あのことで、あれしてさ、どうなったっけ?」
その会話がどうなったんだっけ?

だいじょうぶボク?

となってきて今、改めてこの像に再び向き合ってみた。

しげしげ見てみていると、何ともいえない安堵感が沸いてくるのだ。

何!この感触。

すがる気持ちが素直に、

わっかるなあ…

いつまでも、頭脳明晰である必要はないけれど、
「せめて世話にならないで生活できるレベルは維持していたい」
親の口癖が、自分の口から漏れる。

歳を重ねれば、きっと誰もがそう欲するのだろう。

何百年も昔から、
きっと同じこと思っていたんだろうなあ…

やけに、胸に沁みるぜ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です