パイロットランプ

僕の店は路地に面している。
いつも店の位置を説明するのにとてもしづらい。
都営地下鉄をご利用いただければA4出口前と簡単なのだが、
車でこられたり、出口を間違えられるとちょっとややこしくなる。
今なら携帯電話で話しながら説明できるが、
公衆電話の時代はそれはそれは、お客様にご不便をかけた。

ここに店を出す時、実は迷いに迷った。

バブルの影響で物件は雨後の竹の子のように新築ばかりで、
あちらこちらに適当な物件はあった。

地下鉄の出口に近いが路地で天井の低い今のビルより、
大通りに面して車からも一目でわかる大きな物件に実は注目していた。

天井も高く広くて仏壇も充分置けるスペースが確保できるのが魅力だった。
当時は仏壇などの大型材に力を入れていたから、ほぼこちらに決めていた。
大手デベロッパーのテナント募集だった。

コンタクトを持とうと電話をかけると、足元をみるような返答だった。
資料だけは送られてきたがあとはなしのつぶて。

二度三度と連絡をするが、いつも一方通行で、連絡をもらいたいと、
ことづけていても電話ひとつこない。

鼻っ柱は強いほうだから、借りる側が何で日参するの?と、その気が萎えた。
数回の交渉で相手の姿勢に嫌気がさして、責任者が訪ねてきたがお断りした。

路地に面してはいるが、ほどほどの大きさの今の店に決定した。

ビルオーナーは、ぼくがやっていた以前の店に密かに訪ねていた。
店員や店のあらましを調べていたらしく、すぐに快諾の連絡をもらった。
「あの店なら安心だ」そう評価してましたよと仲介者が教えてくれた。
そのオーナーも故人となってしまった。

仕事に慣れが入ってくるとこんなことを思い出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です