自然は畏怖すべきもの

神戸市都賀川の事故を今朝、友人の話で知った。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0001277428.shtml
学童保育の子供たちが犠牲になったことは、
子の親として言いようのない悲しみと涙を禁じえない。
引率側も懸命に頑張ったに違いない。
けれど自然の猛威は無慈悲だった。

事故を通し海も山も川も大自然なのだということを改めて知らされる。
「自然」には、リスクも同時に孕んでいることを絶対忘れてはならないのだ。

都会に住む(だけではないが)現代人が自然への畏怖を忘れている事への警鐘としては犠牲が大き過ぎると感じてならなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です