格好はいいのだけれど

直しで持ち込まれた念珠である。
水晶プレートのついた腕輪だ。

お客様いわく、まだほとんど日にちはたっていないのと言う。

けれど4本の(実質は2本)のゴムのうち1本が切れている。
ということは実質1本で持たせているということ。

この手のプレートは糸穴内に研磨がきかない。
だからやすりのような状態にある。

格好良くゴムを納めたいとするから、ゴムを2本使用してループ掛けする。
ループ掛けということは、他の丸玉穴内には4本目いっぱい入っていて一見強そうに見えるが、結局はテンションを2本で持たせているのだ。

なんなら1本切ってみればわかる。
するするとゴムは抜けて、さっきまで4本入っていた丸玉内にはゴムが2本しか残らない。

ケンシローではないが、
「お前は4本入って丈夫そうに見えるが、実は2本なのだ。アチョー」
なのである。

プレート部分に、いかついゴムのこぶしがないから実にスマートに見えはするのだが・・・

TON店長は
「TONでもないこっちゃ。
お客さんの身になったら長持ちするほうがエーやろ」

と、こういう部分にはデザインより実利を選ぶのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です